ニュース

March 31, 2024

UKGC、物議を醸す65歳以上の年金受給者向けオンラインギャンブル禁止を導入

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherSamuel AdeoyeResearcher

Dave Sawyer 著、最終更新日 2024 年 3 月 31 日

UKGC、物議を醸す65歳以上の年金受給者向けオンラインギャンブル禁止を導入

広範な議論を巻き起こしている動きとして、英国ギャンブル委員会 (UKGC) は法律を制定しました。5 月 1 日以降、65 歳以上の年金受給者である場合、オンライン ギャンブルへの扉は正式に閉ざされます。代わりに、ベッティング活動は実店舗のベッティング ショップの具体的な世界に限定されます。この決定がこれほどの波紋を呼んでいる理由を簡単にまとめると次のようになります。

  • 高齢者を守る: UKGCは、この大胆な措置により、リビングルームからオンラインギャンブル依存症や経済的搾取の罠から高齢者を守ることができると主張しています。
  • 自由は行き過ぎ?: 批評家は、この禁止令は行き過ぎであり、個人の自由を攻撃し、高齢者を不当に選び出すものだと非難している。
  • コミュニティと利便性が危機に瀕している: 多くの年金受給者にとって、オンライン ギャンブルは勝利のスリルだけを目的としたものではありません。それはデジタルコミュニティであり、便利な余暇活動が今奪われています。
  • 物理的な空間の適応: 賭博店は高齢者に優しい工夫で新規顧客獲得に向けて準備を進めているが、オンラインアクセスの喪失を補うのに十分だろうか?

UKGC の根拠は明確です。社会の弱い立場の人々を守ることが最優先事項です。しかし、このアプローチはあまりにも鈍感な手段で、個人の自由や社会的なつながり、そして潜在的なリスクを奪うものではないでしょうか。声高な年金受給者や業界関係者を含む批評家は、この禁止は見当違いで年齢差別的な政策であり、高齢者の主体性と、娯楽や社会交流の一形態としてのオンラインギャンブルのプラス面を過小評価していると主張しています。

マーガレット・トンプソンさん(72)は、仲間たちに共通する思いを口にする:「オンラインビンゴは単なるゲーム以上のものだった。友人たちと出会い、笑いや物語を分かち合う場所だった。この禁止は私たちの楽しみを奪うだけでなく、私たちから剥奪するものだ」私たちのコミュニティの。」

UKGCは、この新たな顧客の移行を容易にするために賭博店と協力する用意があると主張し、年金受給者に優しい調整を約束する。しかし、Dデーが迫る中、多くの疑問が未解決のままだ。この禁止はどのように施行されるのでしょうか?それは英国の活気に満ちたオンラインギャンブルシーンと無数の高齢者の日常生活にどのような影響を与えるでしょうか?

カジノマイスターのディレクター、ブライアン・ベイリー氏は、ユーモアと痛烈さを織り交ぜながらこの不満をこう述べている。「インターネットの発明は、私たちの世代が世界に与えた贈り物だった。そして今、彼らは私たちが労働の成果を享受できないと言っているのか?」それは単にお金の問題ではなく、時間とリソースをどのように使うかを選択する私たちの権利に関するものです。」

5月1日までカウントダウンが迫る中、この物議を醸す政策の影響はまだ完全には現れていません。これは弱い立場のグループを保護するための措置となるのでしょうか、それともデジタル世界を自由の最後のフロンティアと見なしていた多くの人々を孤立させ、不便にさせる結果になるのでしょうか。いつものように、時が経てば分かることでしょう。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

BTG の Fireworks Megaways™: 色、サウンド、そして大きな勝利の見事な融合
2024-03-27

BTG の Fireworks Megaways™: 色、サウンド、そして大きな勝利の見事な融合

ニュース