ニュース

April 12, 2024

グランドナショナルに終止符を打つ時が来たか?

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherSamuel AdeoyeResearcher
  • 重要なポイント 1: グランドナショナルは馬の福祉に重大なリスクをもたらしており、安全対策にもかかわらず、2000年以降13頭の馬が死亡している。
  • 重要なポイント 2: 動物の権利に対する一般の意識の高まりと態度の変化により、このイベントの倫理的、文化的妥当性が疑問視されています。
  • 重要なポイント3: より人間的な娯楽に資源と関心を向け直すことは、より思いやりのある社会を反映する可能性があります。

明日の午後4時からは、英国最高峰のナショナルハントレース、グランドナショナルがエイントリー競馬場で開催されます。このレースでは、国中の半分の人々が30分ほど動けなくなるため、英国のスポーツカレンダーに長く残る恒例行事となります。

グランドナショナルに終止符を打つ時が来たか?

しかし、近年、動物福祉への懸念や、スポーツや娯楽における動物の使用に対する考え方の変化により、このイベントはますます厳しい監視を受けるようになりました。そのため、この毎年恒例のイベントに終止符を打つ時期が来ているのかもしれません。

グランドナショナルを中止する主な理由の 1 つは、レースに参加する馬に危険が及ぶことです。このレースは 4 マイル 2 ハロンの距離を走り、16 の難しい障害物があり、そのうち 14 は 2 回ジャンプするものであり、長年にわたって多数の馬の死亡事故が発生しています。

2000年以来、このレースに参加した結果、13頭の馬が死亡している。主催者は柵の改造や獣医のケアの改善などの安全対策を講じているが、レースに内在する危険性は依然として残っている。

さらに、グランドナショナルは競馬業界全体における馬の扱いに関して批判に直面している。調査により、一部の競走馬に対する放置、薬物の過剰投与、不適切な飼育環境の事例が明らかになった。

厳しいトレーニングやレーススケジュールは怪我や健康上の問題につながる可能性があり、娯楽や金銭的利益のために馬にそのような要求を課すことの倫理性について疑問が生じている。

動物福祉への懸念に加え、グランドナショナルの現代社会における重要性は薄れつつあります。動物の権利問題に対する一般の認識が高まるにつれ、スポーツや娯楽のために動物を利用するという考えに不快感を覚える人が増えています。

伝統と見世物のために馬の命を危険にさらすという考えは、特に若い世代の間で魅力を失いつつある。

さらに、グランドナショナルに費やされる資源と関心は、より進歩的で人道的な娯楽に向けられる方がよいだろう。

馬を危険にさらすイベントを継続するのではなく、人間と動物の参加者双方の幸福を優先するスポーツや活動の推進に重点を移すことができるだろう。

結論として、英国グランドナショナルは長くて名高い歴史を持っていますが、現代社会におけるその位置づけを再考する時期に来ています。このイベントが馬に与える固有の危険、競馬業界における動物福祉に関する懸念の高まり、娯楽における動物の使用に対する国民の考え方の変化はすべて、変化の必要性を示しています。

グランドナショナルを終了させることで、私たちは、グランドナショナルに参加する馬の命と幸福を大切にする、より思いやりがあり前向きな社会を創るという私たちの決意を示すことができます。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)
undefined is not available in your country. Please try:

最新情報

CogniPlay がオンライン懸賞とソーシャル ゲーム プラットフォームの新時代を切り開く
2024-05-16

CogniPlay がオンライン懸賞とソーシャル ゲーム プラットフォームの新時代を切り開く

ニュース